志望動機で印象が良いワード

こんにちは。そるふ♪です。

ここ最近、転職関係の記事を続けて書いております。

何度か転職活動をしてきたことがあるので、

これから転職を考えている方、

今まさに転職活動をされている方に、

少しでも参考になればと思い、

自分が思いつく内容を書いております。

さて、今日は、転職活動する上で、必ず履歴書や職務経歴書に

記載しなければならない「志望動機」について書きたいと思います。

私も、結構この志望動機については悩みました。

新しい転職先を探すときは、待遇の他に、

その仕事内容についてもよくよく調べます。

本音を言えば、

「給料が良いから」

「休みが多いから」

「家から近いから」

などの、待遇面で選びたくなるのですが、

それを全面に出した志望動機を書いてしまうと、まず採用されないでしょう。

なので、志望動機は、当然ながら、

「仕事内容」

について書くのが妥当だと思います。

「○○の仕事がしたい」

と思って、その会社を受けるのです。

そして、志望動機を書く上で(面接時もそうですが)、

印象がいい言葉があります。

それは、

「自分の力を試してみたい」

です。

未経験の職種にしろ、経験のある職種にしろ、

「自分の力がその会社でどれだけ通用するのか、

試してみたい」

という動機です。

この言葉には、すごく前向きな印象があります。

ただ、

「やってみたいんです」

「やる気はあります」

と、言葉でストレートに言うよりは、

本当にその人の興味から、この仕事がしたくて、応募しに来ているんだなという

印象を受けます。

「おっ!なんだかやる気があるなぁ~」

と、面接官も感じることでしょう。

私自身、就職活動の中で、志望動機の中にこの言葉を入れて書き、

採用されたことがあります。

また、義理の弟が転職活動する際に、私のところに

「履歴書って、どんなこと書いたらいいの?」

と相談に来たことがあったのですが、

その時も、この「自分の力を試してみたい」という言葉を

志望動機に入れるようアドバイスしました。

結果、義理の弟も、転職に成功しました。

100%万能な言葉ではないですが、

面接官への印象はいいです。

薄っぺらな感じがしないです。

ただし、ただ単にこの言葉を入れればいいというものではないので、

自分のこれまでのキャリアや興味から、

受ける会社の仕事内容も考えて、

不自然でないように作っていきましょう。

【参考】

◎はたらこねっと

⇒正社員の他、契約社員・派遣社員の求人を幅広く探すことができます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする