仕事が長続きしない人に、非正規雇用のすすめ

こんにちは。そるふ♪です。

転職回数が多い人の転職について」の記事の中でも触れましたが、

私は、転職を10回ほど繰り返してきました。

就職したかと思えば、数ヶ月で退職して、

しばらく休んで、転職活動を再開し、

やっとの思いで転職に成功したかと思えば、

また数か月後に辞めてしまう・・・

こんなことばかり繰り返していました。

転職で、新たな仕事に就いたときは、

「よし!ここでがんばるぞっ!」

と思い、働き始めるのですが、

「アカン、もうついていけへん!」

となり、辞めてしますのです。

退職理由に多い「人間関係」、その真因は・・・

一体何が原因で仕事を辞めてしまうのか?

自分なりに色々考えてみたのですが、

やはり「人間関係」です。

人間関係がイヤになり、辞めてしまうことが多かったです。

しかし、この人間関係を悪くしている原因は、

私自身にもあります。

というより、

私自身のスキルが、会社の要求する水準に著しく達しておらず、

周囲に迷惑をかけ、

それが原因で、上司や先輩社員からの風当たりが強くなり、

結果、人間関係が悪くなっていき、勤めている職場にいづらくなってしまったという

パターンが、多かったのではないかと思います。

仕事を始めたての頃は、上司や先輩社員のようにうまく仕事をこなしていくことが

出来ません。

当然新入社員なんて、仕事ができないことくらい、上司も分かっており、

仕事を教えていくのですが、

ここで(OJTで仕事を覚えている時期に)、上司から見て、

「あ~、コイツ全然アカンわ~。」

と思われてしまうと、その後挽回するのがなかなか難しいです。

私はこの、

「あ~、コイツ全然アカンわ~。」

と言われる部類に、よく入っていました。

情けないことに・・・

ホントに情けないやつです。

そして、今振り返ってみると、

その

「あ~、コイツ全然アカンわ~。」

の部類に入る仕事は、

「正社員」での雇用の仕事の場合が多かったと思います。

「正規雇用」と「非正規雇用」、求められるレベルの違い

労働者の雇用形態の中には、

「正規雇用」と「非正規雇用」があり、

「正規雇用」は、正社員としての雇用、

「非正規雇用」は、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなどの

雇用です。

一概には言えませんが、

一般的に、業務上の責任の重さは、

「非正規雇用」よりも「正規雇用」のほうが重たいことが多く、

「正規雇用」のほうが、仕事上求められる事柄が多いです。

業務スキルはもとより、責任感、バイタリティ、マネジメント能力など、

いずれも、「正規雇用」のほうが、「非正規雇用」と比べて、

高い水準が求められます。

ということは、

「正規雇用」のほうが、それだけ仕事が厳しい

ということです。

「私には、スキルもないし、すでにその仕事で働いている社員の方のように、

仕事をこなす自信がない」

という方は、

まずは、契約社員や派遣社員などの「非正規雇用」で働くことをおススメします。

先ほども書いたように、

「非正規雇用」よりも「正規雇用」のほうが重たいことが多く、

「正規雇用」のほうが、仕事上求められる事柄が多いです。

であれば、

少し、業務スキル、責任感、バイタリティ、マネジメント能力等の

レベルを落として、

あえて「非正規雇用」で働いた方が、

自分にかかる精神的負担が少なくて済むからです。

「正規雇用」の社員よりも、要求されるレベルが低い。

    ↓

なんとか自分の今のスキルでも、仕事を覚えてこなすことが出来る。

    ↓

同僚、先輩社員達からの信頼も得られるようになる

    ↓

職場の人間関係が楽になる

    ↓

仕事を長く続けることができる

こんな流れになると思います。

私も、過去10回の転職の中で、

派遣社員や契約社員で働いた期間のほうが、

正社員で働いた期間より長いです。

非正規雇用を恥ずかしく思う必要はない

昨今の風潮で、

「非正規雇用」をマイナスに見る風潮がありますが、

私は、全然そんなことはないと思います。

確かに、賞与や退職金、福利厚生面での違いは出てくると

思います。

しかし、「正規雇用」であっても、

私のように、すぐに辞めてしまうようでは、いけませんし、

日々大きなストレスを抱えながら生活をするのは、

なかなかつらいことです。

そんな風に日々生活したくないです。

仕事のスキルは、

「無理なく自分ができること」から

段階を踏んで身に着けていく方が

健全だと思います。

これまで正社員で就職したはいいけど

長続きせず、転職を繰り返している方は、

恥ずかしがらずに、

あえて、「契約社員」や「派遣社員」などの

「非正規雇用」に就いてみることをおすすめします。

【参考】

◎はたらこねっと

⇒正社員の他、契約社員・派遣社員の求人を幅広く探すことができます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする