あえて「楽天マガジン」をはじめとしたWeb雑誌のデメリットについて考えてみる

Web雑誌のデメリットについて考えてみる

定額の料金で、数多くの雑誌が読み放題のWeb雑誌サービスは、

冊子版の雑誌を購入するよりもはるかにお値打ちでありるというメリットや、

購入した雑誌の保管場所をとらないメリットなどがあります。

しかし、一方で、Web雑誌だからこその「限界」というか、

デメリットもあります。

冊子版には掲載されるが、Web版には掲載されない内容がある

どうしてなのか、理由はまだ確認していませんが、

Web雑誌は、書店で売られている冊子版の雑誌と比べて、

一部掲載ページ・内容が異なる場合があります。

Web雑誌の場合、たいていこんな記載どの雑誌にもあります。

上は、「たまごクラブ」の例ですが、

・紙の雑誌とは一部内容が異なります。
 
 掲載されない記事、写真、ページがあります。

・ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

とあります。

たいてい、どの雑誌にもこういう記載があります。

何らかの権利・許可関連によるものだと思われます。

付録はついてこない

当たり前ですが、雑誌によくある「付録」は、当然ながら付いてきません。

またまた「たまごクラブ」を例に取りますが、

この、「ビームスとコラボのパンダパンツ」は、

Web版の雑誌だと手に入らないんです(涙)

どうしても、付録が欲しい方は、

書店で冊子版の雑誌を購入してください。

画面で見るため、冊子で読むより目が疲れる

年齢が高くなってくると、電子版の画面よりも、紙媒体で文字を読みたくなります。

なぜなら、電子版は目が疲れるからです。

ブルーライトの影響などだと思いますが、

文字はやはり、画面よりも、紙に書いてある文字を読むほうが

疲れないです。

スマホや、タブレットでWeb雑誌を読むときは、

ブルーライト対策もしておくと良いですね。

まとめ

IT化がどんどん進んで、Web雑誌が、パソコン、スマホ・タブレットで読めるように

なった現在ですが、冊子版の雑誌は、まだまだ必要とされると思ます。

冊子版の雑誌が、書店やコンビニから姿を消し、「雑誌はすべてWebで読む」ことになる

時代は、まだまだ遠いと思います。

どんなサービスにも、メリット・デメリットはあります。

以上のようなデメリットもあることを理解しつつ、

自分なりにWeb雑誌を楽しめるといいですね。

200誌以上の雑誌が読み放題の「楽天マガジン」はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする