走れるビジネスシューズ「RunWalk(ランウォーク)」の修理の限界がきたので、セール品を「アシックスウォーキング」HPより購入

こんにちは、そるふ♪です。

「走れるビジネスシューズ」

というコンセプトで作られている、

アシックスのRunWark(ランウォーク)というビジネスシューズが好きで、

2足持っていて、いつも一定期間ごとに交互に履いています。

RunWalkは、靴が傷んできたときに、「アシックスウォーキング」のお店で、

修理に出すことができます。

今回、また、2足のうちの1足がかなり傷んできたので、

「アシックスウォーキング」のお店へ修理に持っていきました。

今回お店へ持っていった靴は、これまで1回修理に出しています。

修理してほしい部分は、ヒールプラグ(かかと部分)の交換と、

ゴム底全体です。

早速、アシックスウォーキングの店舗へ持っていき

修理をお願いすると、

「ん~、かなりすり減っていて、これ全部交換しようと思うと、

1万5,000円くらいかかりますよ。」

「今なら、セール品で同じような靴が、1万8,000円くらいで売っているので、

そちらで新しい靴を探された方がいいと思いますよ。」

と、店員さんに言われてしまいました。

靴の修理も、受けているダメージ具合により、金額が変わってきます。

私が今回修理に出そうとした靴は、結構ダメージを受けていたので、

高額な修理見積もりになってしまいました。

もっとこまめに靴のメンテナンスをして、適切なタイミングで修理を

していれば、こんな風にならなかったかもしれません。

ということで、修理はお願いせずに、

アシックスウォーキングの公式サイトで、

RunWalk(ランウォーク)の後継モデルのセール品を購入することにしました。

アシックスウォーキングk公式サイト

ネット靴を購入するのは、ちょっと心配な部分もありました。

なんせネットだと、試し履きができません。

ネットで買ったはいいけど、届いた靴を履いてみたら

ぜんぜんサイズが合わなかったなんてことが起こります。

なので、一応、アシックスウォーキングの店員さんに、

今持っているモデルの後継モデルがどれなのかを聞いて、

ネットで買うことにしました。

購入したのは、

WR416S

というモデルです。

私は足の幅が太めなので、

4Eサイズの靴でないと、足の甲の部分がきついです。

見た目がスリムなのに、これでも4Eサイズです。

アシックスウォーキングのサイトで、

18,080円で購入しました。

ちなみに、アシックスウォーキングのサイトで購入したシューズも、

修理してもらうことができます。

「当商品の修理のご依頼は、ご購入先へお願いします」

とのこと。

ネットで買った場合は、ネットで問い合わせなあかんっぽいです。

なお、一応サイズが合わない場合に返品もできるみたいです(ただし屋外で履かないこと)。

今回かった靴、「WR416S」は、

履き心地も問題なかったので、返品はしませんが、

もし、ネットで購入した場合は、室内で一度試し履きをするといいです。

ビジネスシューズは毎日履きますので、

あまり安いものを買うと、すぐにダメになってしまいます。

ある程度の値段のものを購入し、

修理などのメンテナンスをしながら、長く履き続けるのが理想的です。

今回購入した靴は、ちょいちょいメンテナンスするようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする