パソコン売却前に、「ターミネータ10プラス データ消去」でパソコンのデータを消去する

こんにちは。そるふ♪です。

家に使わずに置いてある、Windows8のノートパソコンを

処分しようと思いましたが、

「データを消去してから処分しないと危ないな」

と思い、「データ消去ソフト」を使って、データを消去しました。

やっぱり、パソコンはリカバリをかけても、

ハードディスクに復元可能なデータが残っている場合があるので、

処分、廃棄する際は、きちんとデータを専用ソフトで消したうえで

処分するのが安心です。

ということで、このソフトを購入しました。

「ターミネータ10Plusデータ完全抹消」です。

5,000円弱で購入しました。

こうしたデータ消去ソフトが市販されているため、

これらを使って、データを消します。

今回データ消去したいパソコンは、OSがWindows8のノートパソコンです。

以前、ヤフオクで、4万円の価格設定で出品してみたのですが、

全く売れませんでした(泣)。

なので、もうヤフオクではなく、ハードオフで買い取ってもらうことにしました。

「ターミネータ10Plusデータ完全抹消」ですが、

パッケージ版を購入しましたが、パソコンにCD/DVDドライブがない場合でも、

ダウンロードをすることができるみたいです。

ハードディスクを完全に消去することもできますし、

WindowsのOSだけ残して、OS以外のデータを消去することもできます。

ただし、

どういうわけか、私が今回消去したかったパソコン

FujitsuのLIFEBOOK SH54Kは、

OSを残して他のデータを消去することができませんでした。

しょうがないので、「起動用USBメモリ」を作成して、USBから起動して、

データ消去を行うようにしました。

起動用USBを作成すると、もともとUSBメモリにあったデータは、

すべて削除されてしまいます。

なので、使わなくなったUSBメモリか、新品のUSBメモリが必要です。

また、起動用USBメモリが出来上がったときの容量ですが、

だいたい200MB程度でした。

1GB以上のUSBメモリがあれば、起動用USB作成には十分です。

USBメモリから起動し、プロダクトキーを入力します。

消去する対象のハードディスクを選択する画面です。

私のパソコンには、

・750GB HGST HTS541075A9E680

・16GB  SANDISK SSD U110 16GB

の2つのハードディスクがありますが、

どういうわけか、これら2つとも選択しないと、

データ消去方式の選択肢が上手く出てきません。

なので、2つのハードディスクを選択し、消去方式を選択します。

UEFI版で一番消去レベルの高い、

「US DoD5220.22-M ECE」

を選択します。

「US DoD5220.22-M ECE」は、

米国国防総省の消去方式で、ドライブ全域に文字、文字の補数、乱数を2回書きこんだ後に、

文字、文字の補数、乱数を書きこみ消去する消去方式とのこと。

とにかく、この一番高い消去方式で、消去を実行します。

さて、この消去処理にかかる時間なのですが、

とんでもなくかかりました。

消去作業時間

なんと、16時間!

ほぼ丸一日、処理に時間がかかります。

廃棄、処分するパソコンなので、別に構わないのですが、

このぐらい時間がかかることを想定しておきましょう。

消去が終わったパソコンに、電源を入れてみました。

OSもきれいさっぱり消去されているようでした。

Windows7のサポートが、2020年の1月に終了しますが、

このタイミングで、古くなったパソコンを処分しようという方も

増えるのではないかと思います。

OSのリカバリだけでは、万が一の時にデータが復元される可能性があります。

パソコンを廃棄・処分される方は、

データ消去ソフトで、データを消去してから、廃棄・処分しましょう。

ちなみに、今回私がデータ消去を行ったパソコンですが、

データ消去を行ったうえで、再度Windows8のOSをインストールし、

ハードオフへ持っていったのですが、

3,000円

しか値段が付きませんでした(ToT)。

こんなもんなんですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする