冬のランニングの「汗冷え」対策に、ファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュ

私は今まで、冬のランニングであっても、
長袖シャツ1枚、それも結構生地が薄いものだけを着て
行っていました。
走り始めのときは、とてつもなく寒くてたまらないのですが、
走っている間に、それなりに暖かくなるので、
「まぁ10km程度走るくらいなら、これでいいだろう」
と考えていました。
しかし、20kmを超えるLSDをやろうとすると、
後半ペースが落ちてきたときに、間違いなく汗冷えします。
「冬場にLSDを行う場合の対策をなんとかしないとな」
と思い、
「とにかく汗冷えを防いで、冬でも暖かく走りたい」
と、ネットで色々探していたところ、
こんなのを見つけました。

ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュロングスリーブ M’s ブラック FUM0401 L

この、
「ファイントラック フラッドラッシュスキンメッシュ」
は、
このシャツ単体で着るのではなく、長袖ウェアの下に着るものです。
素材が薄いメッシュ状になっており、
汗をかいても、このメッシュの外に逃がしてくれて、
地肌をさらさらに保つ効果があるとのことです。
その代り、メッシュの外に汗を逃がすため、
その上に着る長袖ウェアは、速汗性のあるものでないと
ウェア自体にどんどん汗がたまり、
かえって逆効果になってしまいます。
早速Amazonで購入してみました。


ルーズなウェアでは、十分な効果を発揮しないそうです。
ウェアは、「コンプレッション」タイプや「フィット」タイプ
のものを着用すると良いでしょう。



手で触った生地の感じですが、
かなり薄いです
手触りはザラザラしますが、
実際に着てみると、全く違和感はありません。
ちょっと暖かさも感じます。
その上に、「コンプレッション」タイプの
長袖ウェアを着てみました。

という出で立ちで、先日の寒風吹きすさぶ中の
マラソン大会を走ってみました。
着てみた感想ですが、
「ん~・・・、冷えるもんは冷えるぞ」
と感じました。
効果はあったのか・・・
当日、冷たい強風が吹いていたことにもよるのかもしれません。
しかし、「汗冷え」という点ではほとんどなかったです。
ただし、やはり、速乾性のあるウェアを上に着ていないと
ツライのではないかと思います。
速乾性のあるウェアでも、しばらくは汗を保持しています。
そのウェア自体が吸収した汗が乾くまでは、ちょっと我慢が必要です。
上に着るウェアを変えてみたり、あえてすごく寒い日に着てみたり
するなど、
もう少し使ってみて、様子を見てみようと思います。

ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュロングスリーブ M’s ブラック FUM0401 L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする