【初めての方も】一人でホノルルマラソンへ参加するなら、JALパックが安心

初めて一人でホノルルマラソンに参加するなら、JALパックが安心

私は、2016年にホノルルマラソンに参加するまでは、海外旅行に行ったこともなければ、飛行

機に乗ったこともないという状態でした。

本当に

「初飛行機、初海外、初ホノルルマラソン」

で、しかも

「一人旅」

という状態で、楽しみ半分、不安半分の状態でした。

楽しみの反面、「無事に行って帰ってこれるだろうか・・・」そんな心配もしていました。

しかし、私が利用したJALパックのツアーでは、

「初飛行機、初海外、初ホノルルマラソン」の方でも、安心して参加することが出来ました。

初海外でも、現地到着から、ホテルまでの流れがスムーズ

初海外旅行の私が、まず不安に思ったのは、空港での手続きでしたが、これは意外と案内通

りにやって、思ったよりもスムーズに手続き出来ました。

問題は、「空港に着いてから、ホテルまでどうやって移動するの?」という点でしたが、

JALパックでツアーに参加している場合は、

ホノルル空港(現在は「ダニエル・K・イノウエ空港」)の出口で、JALパックツアー参加

者向けのガイドの方がいらっしゃったので、そのガイドの方に、荷物を預けてバスに乗れば

問題なかったです。

私が参加したJALパックのホノルルマラソンツアーでは、一旦、空港からバスで、

ハワイコンベンションセンターへ向かい、

「マラソン直前アドバイス」と、ゼッケンをもらいに行きました。

ハワイコンベンションセンターにて、JALパック御一行

ハワイコンベンションセンターの企業ブース

ゼッケン配布場所

ハワイコンベンションセンターからは、JALパックで予約したホテルへまた専用のバスで移

動するので、迷うことなくホテルに着くことが出来ます。

私が泊まったホテルは「ワイキキパークホテル」というホテルでしたが、

チェックインを済ませて部屋に入ると、すでにスーツケースが入口に運ばれておりました。

ホテルからマラソン会場までの移動も、JALパックなら安心

ホノルルマラソンのスタートは早朝5:00。

それより早い時間帯は、トローリーバスなどの交通機関が動いていません。

宿泊したホテルから、スタート地点のアラモアナショッピングセンター駐車場までは、

なかなかの距離があります。

ツアーを使わずにホノルルマラソンに参加する方は、

ホテルからスタート地点までの移動手段を自分で確保しなければなりません。

何も知らない土地で、初めて一人でホノルルマラソンに参加する人にとっては、

難易度が高いですね。

JALパックのホノルルマラソンツアーなら、

最寄りのホテルから、マラソンスタート地点の送迎を行ってくれます。

初めて一人でホノルルマラソンに参加する方も、迷わず安心して移動することが出来ます。

JALパック専用のスタート地点集合場所には、専用エイドも

送迎バスで、スタート地点まで送っていただくのですが、

JALパックのツアーの方が集まって、準備運動を行うところがあります。

そこでも、専用トイレや、専用エイドなどが充実しております。

JALパックならではのホノルルマラソンの特典あり

専用クロークがあるので、ゴール後の着替えも安心

ホノルルマラソンは、スタート地点とゴール地点で場所が異なります。また、

ランナー専用の荷物置き場などが確保されていないのが現状です。

「走り終わった後、どこで着替えるのか?」

「荷物はどこに置いておけばいいのか?」

ちょっと考えますよね。

JALパックのホノルルマラソンツアーには、「専用クローク」サービスがあります。

「専用クローク」サービスは、

走り終わった後の着替えやタオルなどの荷物を、ゴール地点のJAL専用テントまで持ってい

ってもらって、ゴールした時にスムーズに着替えが出来るようにするサービスです。

どのツアーに参加するにしても、

この「専用クローク」サービスは、絶対にあった方がいいです。

大会当日の朝食サービスあり

JALパックホノルルマラソンツアーの前日に、専用デスクへ行くと、

大会当日の朝食として、

おにぎり2個、バナナ1本、お水、大福(?)

をいただくことが出来ます(事前申込が必要)

大会前日にABCストアなどで、サンドイッチやSPAMおにぎりなどを

買ってもいいのですが、

初海外、初ホノルルマラソンの方にとっては、

大会前日に、慣れない土地で、変なものを買うより、よっぽど安心できると思います。

ゴール後に専用テントでランチサービスあり

JALパックのホノルルマラソンツアーに参加される方は、ゴール地点で「専用クローク」も

含めた「専用テント」でランチサービスがあります。

走り終わって疲れてへとへとで、時間帯によってはお昼過ぎになるので、ここで、自分の体を

休めながら、腹ごしらえが出来て、非常にありがたかったです。

「専用テント」ですが、かなりの広さがあります。

何百人単位の人が入れる大きなテントが組まれており、

テントの中で座って休憩したり、ご飯を食べたり、着替えたりすることが出来ます。

非常に当日助かりました。

ゴール地点からホテルまでの送迎あり

JALパックのホノルルマラソンツアーなら、

ゴール地点から、宿泊ホテル付近の地点までの送迎バスもあります。

フルマラソンを走って疲れた後に、歩いてホテルまで戻るのは大変なこ

とです。また、見知らぬ土地なので、迷ってしまっては大変です。JALパックのホノルルマ

ラソンツアーは、この点においても安心です。

まとめ

初めてホノルルマラソンに一人で参加される方は、出来ればJALパックのようなツアーで参

加されることをおススメします。「ホノルルの土地勘・交通事情に詳しい」方は別ですが、や

はり、マラソン大会は旅行とは違う段取りや用意が必要です(スタートまでの移動手段、ゴー

ル後の着替え等の荷物置き場など)。

JALパックであれば、宿泊・移動含めて、海外が初めての私でも安心して参加することが出

来ました。

ぜひ、一人で初めてホノルルマラソンに参加される方は、JALパックのホノルルマラソンツ

アーで、ホノルルマラソンに参加してみましょう。

JALパック ホノルルマラソンツアーの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする