ウォークマン「NW-W274S」で「ヘッドホン一体型」を再び

前にも、ソニーのヘッドホン一体型ウォークマンを、
初期型モデルのものを使用していましたが、
汗をかくと頻繁に故障したため、
「やっぱり、ヘッドホン一体型はダメだなぁ~。」
と、普通のウォークマンを使ってジョギングしていました。

でも、やはり、「普通のウォークマン」+「イヤホン」だと、
コードが邪魔で、ランニング中に気になることがあります。

長らく「普通のウォークマン」+「イヤホン」で頑張っていましたが、
「ヘッドホン一体型」ウォークマンも、以前よりは機能改善されて、
「防水」対応にもなっている模様。

「今の最新型なら、前みたいに頻繁に故障することはないだろう。」

と考え、今回再び、
ヘッドフォン一体型ウォークマン「NW-W274S」を購入してみました。


ヘッドホン一体型ウォークマン「NW-W274S」は、従来のウォークマンや、
ポータブル音楽プレーヤーと異なり、ヘッドホンと本体が一体となってい
るため、イヤホンのケーブルがなく、
ランニング中に、イヤホンのケーブルが引っかかることがありません。
イヤホンのケーブルを気にせず、
快適にランニングしたい方にお勧めです。

また、イヤホンのケーブルが気にならない点のほかに、ウォークマンと
ヘッドホンが一体型のため、通常のウォークマンのように、
ランニングのウェストポーチに入れておく必要がないため、
ウェストポーチがかさばることがありません。

デメリットとしては、他のウォークマンや音楽プレーヤーと比較すると、
曲の一覧がわからないという点です。

水泳中でも利用できるウォークマンという点がこだわりのようです。
イヤーピースの種類がたくさんあるなと思ったのですが、
どうやら通常用と水泳用のイヤーピースがあり、
それぞれに4種類ずつあるようです。

ヘッドホン一体型ウォークマンは、今のところソニーでしか発売
されていないのではないかと思います。

あまり目立たないウォークマンなので、水泳やマラソンなどのときだけでなく、
通勤通学時に使っても全く見た目に問題がないです。
早速購入して、ジョギングで使ってみたのですが、
イヤホンケーブルを気にせずに走ることが出来て快適です。

ただし、走る振動で、イヤーピースがパコパコなる時が時々あります。
イヤーピース変えれば直るかもしれませんが。
でも、特に気にするほどでもないので、このまま使っています。

防水効果については、まだ「効果がある」という実感はありませんが、
おそらく大丈夫なのではないかと思います。

充電するときにセットするクレードルとの接触部分に、
汗や水が残らないよう、きちんとふき取るようにすれば、
問題ないと思われます。
(写真の下の4本の金色の金属部分)

また、初期モデルは、
「曲の再生順が変更できない」
といった問題がありましたが、NW-W274Sは、
「MediaGo」の「プレイリスト」をパソコンで編集すると、
再生曲順の編集が可能です。

価格はおおよそ1万2,000円程度
家電量販店や、「Amazon」で購入できます。
「Amazon」でNW-W274Sを購入するには、以下をクリック。

SONY ウォークマン Wシリーズ ヘッドホン一体型 8GB ブラック NW-W274S/B

色は、他に「ブルー」「ホワイト」があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする