Dizzy Sunfistのライブを初めて見に行き、活気に圧倒される

こんにちは。そるふ♪です。

私は、ハードロック/へヴィメタルリスナーですが、

たまたまYoutubeで見つけた、

メロディックパンクバンドが気になり、

先日、ライブを見に行きました。

そのバンドは

「Dizzy Sunfist」

という、大阪のメロディックパンクバンドです。

自らを

「大阪生まれ。ハイスタ育ち」

というほど、

ハイスタンダード直系のメロディックパンクバンドですが、

ヴォーカル/ギターとベースが女性、

ドラムが男性

のスリーピースバンドで、

女性がフロントのバンドではあるが、

勢いがあり、かつキャッチ―なメロディの楽曲が多いのが

特徴です。

(Dizzy Sunfist Official Music Videoより)

<メンバー>

・あやぺた (Vo/G)

・いやま(B)

・もあい(Dr)

女性がフロントのカッコいいバンドです。

そして、ライブツアーを「すべての都道府県」で行ってくれるバンドで、

今回の「Stronger Tour 2019」も、

私が住む岐阜県にライブに来てくれました。

私自身、ハードロック/へヴィメタルのライブは見に行ったことはあるのですが、

パンクバンドのライブは初めてです。

Youtubeなどでライブの動画を見てみると、

結構な盛り上がり方です。

クラウドサーフィン(観客の頭の上に持ち上げられ、泳ぐように移動)する客がいたり、

モッシュ(観客同士が押し合う)する客がいたり、

観客がテンション上がりすぎて、エライことになっています。

私が住んでいる岐阜でも、「柳ケ瀬ants」というライブハウスで

ライブが行われました。

岐阜に住んでおりますが、

こんなライブハウスがあったなんて、今まで知りませんでした。

「柳ケ瀬ants」は、ビルの地下にあります。

18:00開場、18:30開演の予定です。

18:10くらいに現地へつきましたが、

会場入り口付近で、ライブハウスのスタッフの方が、

整理券の確認をしていました。

私は前売り券を買わずに、直接現地へ行きましたが、

スタッフさんがちゃんと案内してくれました。

入口階段を降りていくと、受付です。

入ると、カウンターバーがあり、

ちょっとしたスペースで、グッズの販売を行っていました。

カウンターバーのすぐ横に、ライブホールへの入り口があります。

ホールは、スタンドで最大230人の収容が可能だそうです。

私がホールに入ったときは、すでにいっぱいで、

後ろのほうにしかいけませんでした。

でも、今思うと、

「後ろのほうで良かった」

と思います。

開始早々、観客が頭の上を泳ぐわ、

お互いに押し合うわ・・・

もう、すごいことになりました。

私は、後ろのほうでスタンディングでライブを見ておりましたが、

モッシュ(押し合い)の影響を受けて、ちょっと顔をたたかれました。

前のほうに陣取っていたら、ボコボコにされていたかもしれませんね(^^;

しかし、ライブそのものの盛り上がり方や雰囲気は、

とてもいいと思いました。

あやぺた(Vo/G)の、関西弁で話すMCも、

なんか好感が持てます。

私はDizzy Sunfistをずっと前から聴いていたわけではないので、

ライブ中も知らない曲が流れることが多かったですが、

一つ前のアルバム「DREAMS NEVER END」の曲を好んで聴いており、

そのアルバムから曲が結構演奏されていたので、

それなりに盛り上がることが出来ました。

DREAMS NEVER END

DREAMS NEVER END

posted with amazlet at 19.08.05
Dizzy Sunfist
CAFFEINE BOMB RECORDS (2018-01-24)
売り上げランキング: 16,397

もっと他のアルバムも聴いておけば、

もっと楽しめたのになぁ~と思いました。

それにしても、今回初めて「メロディックパンク」バンドのライブに行きましたが、

盛り上がり方が、ハードロック/へヴィメタルとは違うなぁ~。

メロディックパンクは、楽曲の感じが明るいし、

店舗も速く、勢いがある。

その勢いにとても圧倒されてしまいました。

次また見に行く時は、覚悟して見に行きたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする