電子レンジでWi-Fi(無線LAN)が途切れる・・・そんな時に試すといいこと

こんにちは。そるふ♪です。

我が家は、光回線を契約しており、インターネットは、その光回線の機械から出る

Wi-Fi(無線LAN)の電波を利用して、

ノートパソコンやスマホでインターネットを使っています。

回線が光回線なのと、Wi-Fiの親機から、それほど距離が離れていないので、

普段は快適にインターネットを使うことができます。

しかし・・・

ある条件が加わったとたん、

全く通信ができなくなってしまうのです。

それは、何かというと・・・

「電子レンジ」です。

電子レンジを起動させると、途端に通信が途絶えてしまうのです。

Wi-Fi(無線LAN)は、電波干渉や、電化製品の出す電磁波の影響を

受けやすいです。

特に、電子レンジが出す電磁波は、通信に影響を受けやすいと思います。

「何か回避策はないだろうか・・・」

実は、「少しなら」あります。

なぜ「少しなら」というかというと、

「100%」の保証がないからです。

100%の保証はないけれども、

少なくとも私は、ある回避策で解決しました。

5Ghz帯の電波を受信しよう

現在のWi-Fi(無線LAN)の電波には、大きく分けて2つの周波数帯の電波があります。

2.4GHzの電波と、5GHzの電波です。

一般家庭用のWi-Fiルータは、この、2.4GHzまたは5GHzのどちらかの電波で

通信をしています。(2019年4月11日現在)

それぞれの電波に特徴があります。

2.4GHz 5GHz
メリット ・電波が遠くまで届きやすい

・障害物に強い

・電化製品の電磁波の影響を

 受けにくい

デメリット ・電化製品の電磁波の影響を

 受けやすい

・障害物に弱い

家のパソコンのWi-Fiの設定を確認してみると・・・

2.4Ghzで設定されていました。

これだと、電子レンジの発する電磁波の影響を受けやすいです。

そこで、影響を受けにくい5GHzへ変更してみました。

すると、

電子レンジを付けた状態でも、

問題なく通信することができました!

まとめ

意外と電子レンジは、Wi-Fi(無線LAN)利用の妨げになることが多いです。

もし同じ原因で、Wi-Fi(無線LAN)が使えなくなるという方が

いらっしゃいましたら、

5GHzのWi-Fi(無線LAN)の電波を拾う設定に変更してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする