五月病を吹き飛ばせそうなドラマ動画

こんにちは。そるふ♪です。

今年のゴールデンウィークは、10連休という

非常に長い大型連休となります。

「こんなに休みがあるなんてウレシーっ!」

と、ガッツポーズで喜ぶ方もいれば、

「こんなにも休みいらね~よ!」

って心配になる方もいると思います。

(私は後者のほうです)

さて、ゴールデンウィーク明けくらいから、巷で「五月病」にかかる人が出てきます。

今年の春、入社したての新入社員が、新しい仕事をに就いて、

これまで学生気分で過ごしていたのに、急に過酷な社会人生活に入り、

精神を病んでしまう人も出てくるみたいですね。

入ったばっかりで、覚えることも多く、必死こいて仕事をして、

やっと長期連休でのんびり休憩できるようになったかと思えば、

連休明けからの仕事のことを考えると、

「うわぁ~、もう会社行きたくないっ!」

と、気分が滅入ってしまいます。

そんな、今年新入社員となったばかりのみなさんへ、

少しでも気を紛らわせて、連休明けに出社できるようになればと、

あるドラマの動画を紹介します。

チャンネルはそのまま

北海道テレビ(HTB)開局50周年記念ドラマで、とあるテレビ局に「バカ枠」で

採用されて入社した、新入社員の、天然でドタバタな働きぶりを描いたドラマです。

芳根京子が演じる主人公「雪丸花子」は、北海道★テレビの入社試験の時から、

天然キャラで、大ボケかました回答を面接で連発するが、

なぜか、1次試験、2次試験と通過し、最終的に採用されてしまいます。

真面目で優秀な同期入社の仲間から見ても、

「なんでこんな人間が採用されたのか、さっぱりわからない」

と言われるほど、やることなすことメチャクチャ。

実は、この北海道★テレビの新卒採用試験には「バカ枠」という採用枠があり、

「バカ」を1人採用する制度があるらしい。

主人公の雪丸花子は、この「バカ枠」で採用された社員なのです。

入社後は、原稿の誤字脱字は多いは、

ハチャメチャに現場を引っ掻きま回すは・・・

いろんな意味でトラブルメーカーなところはありますが、

本人は、とても明るく前向きで、

嫌味なところがなく、まっすぐで、

見ていて楽しいです。

今年入社したての社会人1年生の皆様へ

これは、ドラマのお話なので、

「実際にこんな社員が会社にいたら、会社によってはクビになってしまうだろうな~」

とも思うのですが、

「会社に一人くらい、こんな破天荒な人がいたら、会社が楽しくなるだろうな」

とも思えます。

今年会社に入社したばかりの新入社員の方に、

ぜひこのドラマの動画を見ていただき、元気になってもらいたいです。

HTB「チャンネルはそのまま」サイト

なお、「チャンネルはそのまま」のドラマ動画は、

NETFLIXにて配信中です。

NETFLIXはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする