【原因特定のため】カーエアコンが効かなくなったので自力でガス補充してみたが【修理に出そう】

こんにちは。そるふ♪です。

今年の夏に入って、初めてカーエアコンで冷房を付けてみたところ、まったく効かなくなっていました。

「とうとうエアコンガス(冷媒)がなくなってしまったか。」

と思って、ネットで冷媒と、メータ付きの専用チャージホースを買ったのですが、結局無駄な買い物になってしまいましたので、そのあたりのことを書きたいと思います。

カーエアコンが全く効かなくなってきた。エアコンのガスがなくなってしまったのかもしれないが、修理に出すと高額な費用がかかるかもしれないので、出来れば自分で直したい。
ネットでカーエアコン用の冷媒も安く売っているし、補充方法もYouTubeで紹介してて、素人でも意外と簡単に補充できそうだけど・・・

そんな方に、一度見ていただけたらと思います。

カーエアコンのガス補充を自分でするだけなら意外と簡単

カーエアコンのガス補充を自分で行うのは、実は意外と簡単です。

必要なものは、

 カーエアコン用の冷媒(ガス)

 メーター付きの専用チャージホース

の2つだけです。

私は、アマゾンで、冷媒(ガス)を2缶と、メーター付き専用チャージホース1本を、合計3,200円程度で購入しました。

一般のカー用品店には置いてませんが、ネットなら購入することができます。

そして、冷媒の補充方法も、Youtubeの動画などでいろんな方が詳しく解説されています。

正直それほど難しくなく、私も実際に10分くらいで冷媒補充することが出来ました。

エンジンルームの中に、エアコンガスが通っているパイプがあります。

Lのキャップを外して補充します。

ボンネット裏側に、対応するエアコンガスの種類と、補充容量が書いていあります。

私は、アマゾンでこちらを購入し、補充を行いました。

YIYI エアコン ガス チャージ ホース メーター付 R134a とカーエアコン用冷媒 HFC-134a(缶2本)セット

新品価格
¥3,200から
(2020/7/17 09:32時点)

このくらいなら修理工場へ持っていかなくても自分で出来ます。

一時的に涼しくなったが、約2時間後にまた効かなくなった

自分で冷媒を補充し、カーエアコンの冷房を付けてみたところ、

「おお~っ!これだこれだ!涼しい風が出るようになった!」

と、冷房が直ったことに安心しました。

「なんだ、自分でも簡単に直せるんじゃん!」

と、やや得意げになってなっていました。

この暑い夏、ひとまずカーエアコンから冷たい空気が出たことに安心し、嫁さんと子どもを車に乗せてドライブに出かけることに

しかし・・・

「あれ?なんか、冷房の風が生暖かくなってきたぞ!」

車でお出かけしてから2時間後、冷房が全く効かなくなってしまいました。

ガス漏れが原因、結局修理に出すことに

自分でカーエアコンの冷媒(ガス)を補充して、冷風が出てきたことに満足していましたが、2時間後に冷房が効かなくなり、どうやらどこかからガスが漏れている可能性が高くなってきました。

ガス漏れまでは、なかなか自分では直せないです。また、単なるガス漏れが原因なのではなく、コンプレッサーが壊れている可能性も考えられます。

ということで、結局ディーラーへ修理に出すことにしました。

カーエアコン関連部品総取り替え、驚愕の修理代に

ディーラーへ事情を説明し、修理の見積もりを出してもらったところ、

なんと、16万7千円もかかるとのことでした。

とんでもなく高額ですね。

私の車は、どうやらエアコンガスがあちこちから漏れており、コンプレッサーも動かない状態のようでした。こうなってしまうと、カーエアコン関連部品を総取り替えする必要があるため、こんな超高額な金額になってしまうとのことです。

これは完全に予想外でした。

ただし、幸運だったのは、車を購入した時に、日産のグッドプラス保証というものに入っており、その保証を使えば、今回の修理費は無料になるということでした。

車購入時に、なんとなく加入した保証でしたが、今回とても助かりました。

カーエアコンのガスを自分で補充するのは、一か八かです

カーエアコンの冷房が効かなくなった時に、ネットで冷媒とメーター付き専用チャージホースを購入し、自分でガス補充を行ってみるのもいいですが、原因が単なるガス不足とは限らない場合もあります。

もし、ガス不足以外の原因であった場合、せっかくネットで買った冷媒などは結局無駄になってしまいますが、一応、冷房が効かなくなった原因の切り分けにはなると思います。

自分でガス補充を行っても、しばらくたって冷房が効かなくなる場合は、もう自動車工場へ修理に出しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする