アシックスの「GT-2000ニューヨーク4SW」を購入し、フルマラソンに向けて練習する

以前は、PUMAのMobium(モビアム)という、

靴裏に、伸縮性のあるゴムが入ったシューズでジョギングをし、

その後、「フルマラソン完走レベル」に適したシューズとして、

アシックスの「GT-2000ニューヨーク3SW」を履いていましたが、

gt-2000-01

gt-2000-02

gt-2000-03

こんな感じで、あちこちボロボロになってきました。

約1年ほど履いて走ってきましたが、

やはり、そろそろ買い替え時期のようです。

「そろそろ靴を買わねば・・・」

と思い、

次は以前のMobium(モビアム)にしようと思って探したのですが、

すでに廃盤になっていました。

ということで、またまた、同じアシックスのGT-2000シリーズ

「GT-2000ニューヨーク4SW」

を購入しました。

gt-2000-04

この、アシックスの「GT-2000」シリーズは、

クッション性が高いため、

マラソン初心者、フルマラソン完走を目指すランナーに適しているといわれています。

42.195kmという長距離を走り切るためには、

の脚力が必要で、膝への負担も大きなものとなります。

私も、それなりの長い距離を走ると、いつも膝が痛くなります。

私のようなスローペースランナーには、

軽さを重視したシューズよりも、

このようなクッション性の高いシューズのほうが適しているといえます。

gt-2000-05

gt-2000-06

gt-2000-08

靴底に、ゲルが入っていて、これがクッションとなります。

gt-2000-07

gt-2000-09

靴全体の通気性もいいので、蒸れたりすることはありません。

前回のGT-2000と同様、今回も「SWシリーズ」を購入しました。

「SWシリーズ」は、通常のGT-2000と比べて、

足幅が広くなっています。

スポーツショップで試着してみたところ、

私の場合、通常のタイプだと、サイズを大きくしても、

足の横幅がきつく感じました。

でも、この「SWシリーズ」だと、私の足にちょうどいいようで、

足幅もピッタリです。

通常ビジネスシューズなどは、25.5cmを履きますが、

GT-2000は、27.0cmで、ちょうどいいサイズでした。

実際にランニングしてみた感想は、

「靴は多少重いが、すごく安定している」

という感じがありました。

スローペースランナーで、

フルマラソン完走が危うい私にとっては、

このシューズがちょうどいいのかもしれません。

しかし、やはり、20km近い距離を走ると、

膝が痛くなるのは、

この靴の場合も同じです。

走るフォームを見直すか、

もっと脚力を付けるかしかないと思います。

このシューズで、ホノルルマラソンも乗り切ろうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする