【コードレスならいいかな】ドライヤー持って追いかけっこ【時間短縮にも】

お風呂上がりのこどもの髪の毛を乾かすとき、我が家はドライヤーを持ってこどもを追いかけまわしています。

こどもの性格なのか、いつもお風呂上りに髪の毛を乾かしたり着替えをさせようとすると、じっとしておらず、家の中を走り回ります。

そのため、私はいつもドライヤーを持って3歳の娘を追いかけまわすのですが、ドライヤーのコードが短いため、追いかけるのにも限界があります。

いつも、「あっちのコンセント」「こっちのコンセント」と、娘を追いかけまわしながら、近くのコンセントにドライヤーを接続しては、娘の髪の毛を乾かしています。

娘の髪の毛は結構長いので、普通に乾かすだけでも時間がかかるのですが、さらに動き回るので、お風呂上りの後はなかなか大変です。

そんなわが娘のようなケースのご家庭はそんなにいないのかもしれませんが、お風呂上りに動き回るこどもの髪の毛を乾かすのに役立ちそうなアイテムとして「コードレスドライヤー」なるものがあることを知りました。


funks リフワ コードレス ドライヤー 充電式 温風 熱風 ワイヤレス ヘアセット 髪 Lifuwa

いつもドライヤーを持ってこどもを追いかけまわすときに、

「せめてドライヤーがコードレスなら便利なのになぁ」

といつも思うわけですが、

この「コードレスドライヤー」なるものが存在することを最近になって知ったのです。

コードレスドライヤーは、充電式のものになるのですが、文字通り「コードレス」なので、どこへでも持ち運びができるのが最大のメリットです。

お風呂上りに移動しながら髪の毛を乾かしたり、車の中で利用してみたり、我が家のように動き回る子供を追いかけながら使うことができます。

これらができると結果的に「時間短縮」につながる場合もあります。

一方デメリットもあって、

 ・一般的には温風の温度が低く、風量が弱い

 ・一回の使用時間は最大15分程度

 ・充電スタンドを置いておくスペースが必要になる

 ・充電スタンドは湿気の多い水回りのある場所においておくと故障の可能性がある

といったような点もあります。

一回乾かすのに使ったら、必ず充電しないと次に使えないと思います。

充電スタンドに立てて充電しながら置いておくドライヤーなので、

ドライヤーを立てておくスペースが確保できるのであれば、使ってみてもいいと思います。

あんまりいないかもしれませんが、動き回るこどもの髪の毛を乾かすのに苦慮されている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする